派遣社員もストレスチェックをしよう!

about me

当ウェブサイト管理人は職場でのストレスに悩まされることが多く、そうした経験を活かしてストレスチェックに関する仕事を行うようになりました。現代の日本では多くの方がストレスに晒されているため、多くの人にストレスから身を守れるように知識をつけて欲しいと思います。なお管理人への連絡はこちらの<メールフォーム>宛にお寄せください。

PICK UP

転職直後のストレス解決策は?

初めの1ヶ月はストレスのピーク

前の職場のストレスが理由で転職活動を行う場合、転職活動の最中だけではなく実際に転職を行った以降も注意が必要です。それはこれまでの職場での辛かった体験や記憶などのせいで、当たり前に発生するストレスやプレッシャーなどに過敏になってしまい頑張れば乗り越えられるストレスに過剰反応して仕事を辞めたりしないようにすることです。
どんな職場であっても仕事をしてお金をもらう以上大変な事が何1つないという事はありません。お金をもらう以上は当然発生する責任というものがありますし、またそもそも人間は新しい環境に入っていくとどうしてもその環境に慣れるまでは緊張してしまいその事にストレスを感じてしまうのです。

初めの1ヶ月はストレスのピーク

再転職を焦らない

どれだけ転職前に新しい職場にワクワクしていたり希望に満ち溢れていたりしたとしても、新しい職場に入ってすぐのうちはどうしても社風が合わないような感じがしたり、雰囲気が合わないような感じがしたりします。そうすると初めの期待が大きかっただけに失望も大きく、このままではまずいと感じて試用期間のうちに退職をしてしまって転職活動を再開しようとしてしまう人が時々います。しかしどんな職場であっても慣れるまでに1ヶ月程度はかかってしまうものなので、まずは1ヶ月その職場で頑張ってみると良いでしょう。

プレッシャーの問題

なお新しい職場で多く人がストレスを感じてしまう原因の1つが、プレッシャーの問題です。仕事ですので営業のように明確に数字で結果が出てしまうような事ではなくとも、雇用主が満足するよう満たすべき一定の基準というものが存在し、それは達成しなければなりません。仕事になれればどのくらい頑張れはその基準を達成できるのかという目算が立てられるようになるのでリラックスして働けますが、仕事にまだ慣れていないうちは目算が立たず不安やプレッシャーを感じてしまい、それがストレスの原因となります。

人間関係の問題

またもう1つの大きなストレスの原因は新しい職場の人間関係に馴染むことへのストレスでしょう。特に転職の場合はすでに人間関係が構築されている中に入っていかなければならないので、どうしても最初のうちは怖気づいてしまいますし、周りには知らない人しかいない状況なので緊張してストレスも感じてしまいます。しかし一緒に働く仕事仲間の人柄は働いている内に何となく分かってくるもので、そうすると徐々に職場に馴染めるようになります。
ですので新しい職場では、とにもかくにもまずは初めの1ヶ月を乗り切ることを目標に頑張ると良いでしょう。