派遣社員もストレスチェックをしよう!

about me

当ウェブサイト管理人は職場でのストレスに悩まされることが多く、そうした経験を活かしてストレスチェックに関する仕事を行うようになりました。現代の日本では多くの方がストレスに晒されているため、多くの人にストレスから身を守れるように知識をつけて欲しいと思います。なお管理人への連絡はこちらの<メールフォーム>宛にお寄せください。

PICK UP

ストレスが多いと言われる仕事って?

ストレスの多い仕事

残念ながら現代は本当に参ってしまうほどのストレス社会で、多くの人が日々何かしらのストレスと戦いながら生きています。特に仕事に関係して発生してくるストレスは、多くの人が仕事をしてお金を稼いでいかなければ生きていけないので、簡単に逃げる事もできずとても辛いものと言えるでしょう。日本社会は諸外国に比較して特にストレスが発生したり解消されずに溜まってしまったりする場合が大きいようで、毎年多くの人が精神を病んで自殺という最悪の結末を選択してしまっています。
特に仕事由来のストレスの原因ですが、ストレスを感じやすい業界や業種というものが存在し、そうした仕事に就いている方は注意をした方が良いでしょう。この場合の気をつけるというのは必ずしも今就業している仕事を辞めなければならないという事ではなく、勤務先の業界や業種でストレスが発生しやすい理由を理解する事で少しでもその発生量を減らしたり、同じ業界や業種でもストレスの発生量を減らす工夫を行っている勤務先を選んだりするなどの工夫を行う事も含めます。また業界や業種の問題以外にどのような職種に就いているのかというのもストレスの発生に大きく関係しています。

ストレスの多い仕事

介護や飲食など

どういう業種や業界がストレスの溜まりやすいと言えるのか、具体的に見ていきましょう。まず基本的な傾向として仕事内容に大きな責任が伴う業種や業界、それに勤務時間が長くその上自分でコントロールできる余地が少ないところはストレスが溜まりやすい業種や業界です。
例えば介護ですが、介護は認知症の高齢者の方や自力で生活をする事が出来なくなった高齢者の方などのお世話をしますので、サービス利用者の命や責任を預かる事になりとても責任重大な仕事です。しかも人間を相手に行う仕事ですので、物事の予定を自分でコントロールする事ができません。また飲食の仕事の場合は多くのお店で勤務時間が長く、また客商売であるために理不尽なクレームなどにさらされる事も多いためストレスが溜まりやすいです。

職種の問題も大きい

上記のような業種や業界の問題以外に、どのような職種で働くのかという事もストレスの発生や溜まりやすさとは関連が深いです。特に管理職の方は部下から突き上げられる事もあれば、より上の立場、例えば経営陣などに詰められる事もあるので板挟みになりストレスが溜まりやすいと言えるでしょう。ただ管理職からさらに出世して経営に携わるようになった場合も、経営責任を負う事に対するプレッシャーでストレスを感じる事が多いです。